肌の老化防止

肌の老化現象は自分でわかる?肌年齢のチェック方法

a1

「肌年齢」という言葉をよく耳にします。
実年齢とは異なる場合が多い、肌年齢なので、自分では何歳になるのか、はっきりは分かりませんよね。
しかし、その肌年齢を知る方法があるのです。
肌年齢を知ることは、今のお肌の状況を知るだけでなく、今後のケアの方法がわかるというメリットがあります。
自分のお肌には、どんなケアが必要なのかが分かれば、より老化を抑えることができますよね。
肌年齢ともう1つ、「シミ予備軍」という言葉も有名です。
今は見えなくても、今後出て来るであろうシミの事。
女性なら、今後自分の肌がどうなるのか、知りたいと思いますよね。
肌年齢は、デパート等の化粧品ショップや美容整形外科などで、チェックすることができます。
化粧品ショップでは簡単なチェック方法がほとんどで、スキャナーで肌の乾燥度や色、透明度などを測定してもらえます。
そして、測定の結果から、自分の肌に必要なケアの方法や、商品を提案してもらえるのです。
対して、美容整形外科では専門の機器使って、顔全体の診断ができます。
なので、肌の皮脂の量や水分量のバランスだけでなく、普段見ることのできない、毛穴やキメの状態もまでも、詳しく分析してもらえます。
自分のお肌のキメはどうなのか、気になる人も多いのではないでしょうか?
本格的なアンチエイジングケアをするために、正確な肌年齢を知りたい人は、美容整形外科での診断をオススメします。
ただし、金額もその分高くなるので、化粧品ショップで簡単に調べてもらうのもいいと思いますよ。

お肌の老化防止をしたいなら乾燥を防ぎましょう!

お肌の乾燥は、様々なトラブルの原因です。
ニキビ・小じわ・たるみ・シミ・かさつきなど、挙げればキリがない肌トラブル。
それら全てに関わっているのが、乾燥なのです。
お肌の老化防止をしたいなら、まずはしっかり乾燥を防ぐことを心がけましょう。
では、乾燥を防ぐには何をするべきか?
乾燥を防止するには、当たり前ですが、徹底した保湿ケアが大切です。
保湿ケアと言えば、化粧水や乳液に意識が行きやすいですが、洗顔やクレンジングにも乾燥を引き起こす原因があります。
洗浄力が強すぎる洗顔やクレンジングは、肌に必要な油分まで洗い流してしまいます。
洗浄力が足りずにしっかりメイクが落ちない時は、オイルクレンジングを使うのも1つの方法です。
オイルクレンジングは、ガッツリメイクも比較的落ちやすいので、アイメイクなど、ピンポイントで使う分にはおすすめです。
そして、使う水の温度にも気を付けましょう。
熱いお湯で洗ってしまうと、お肌の油分はごっそり奪われてしまいます。
なので、水やぬるま湯程度の温度で洗うようにしましょう。
洗顔後は、乾燥し易いので、すぐに化粧水を付けます。
その際に、手の体温で軽く温めてから優しくお肌に押し込むように浸透させると、さらにいいでしょう。
その後は、同じように美容液、乳液を付けます。
正しいスキンケアは、お肌のバリア機能も江上させるので、ニキビの原因菌であるアクネ菌にも、負けないお肌になります。

いつまでも若々しいお肌を維持するには

皆さんも知っての通り、いつまでも若々しいお肌を維持することは、とても大変なことです。
しかし、どうせできない、面倒と言って、何もしなければ、ますます老化は進んでしまいます。
小さな努力なら、今からでも出来るはずです。
その代表的なものが、毎日の睡眠や食事、スキンケアです。
わざわざ高いお金を払って、治療を受けなくても、毎日の意識を変えるだけで、お肌は変わります!
まず、お肌の老化を防ぎたいなら、睡眠をしっかり取りましょう。
お肌に大事な、若返りホルモンが分泌されます。
次に、タバコを吸っている人は、極力吸わないように、努力しましょう。
禁煙と同時に、お酒の量も抑えることができたら良いですね。
食事も重要です。
栄養の偏った食事では、キレイなお肌は作られません。
中でも、塩分や糖分の過剰摂取には、気を付けましょう。
基本のスキンケアも、毎日欠かさず行います。
顔を洗う時に、熱いお湯は厳禁です。
乾燥の原因隣、様々な肌トラブルを引き起こします。
乾燥の他にも、紫外線やストレスも、お肌の大敵なので、十分注意しケアを行いましょう。
以上の事に気を付けて、まずは出来るところから始めましょう。
常にポジティブであることも、忘れてはいけませんよ。

日焼け止めは365日塗って老化防止!

あなたは、「光老化」という言葉を知っていますか?
知らないという人も中にはいるでしょう。
光老化とは、その名の通り、紫外線などの光によって、お肌の老化が進んでしまうこと。
学生の時に、紫外線をたくさん浴びていた人は、大人になってシワやシミ、たるみなどができやすいですよね?
あのシワやシミが光老化です。
一時期は、日焼けサロンに通う「ガングロ」が流行しましたが、今では考えられませんね。
わざわざお金を払って、自分の肌を老化させていたのですから。
このように、紫外線を長期間浴びることは、光老化をすすめます。
という事は、老化防止の為には、紫外線対策が必須ということです。
よく、夏場だけ念入りに日焼け止めを塗っている人がいますが、紫外線は冬でも降り注いでいます。
よって、冬場でも日焼け止めは必要なのです。
ちなみに日焼け止めに記載されている「SPF」とは、紫外線B波を防ぐ力のことです。
この「SPF」が高いほど、紫外線からお肌を守ってくれるので、出来るだけ数値の高いものを選びましょう。
紫外線は、何も外だけのものではありません。
なんと、紫外線A波は室内にいても、ガラスをすり抜けて入ってきます。
家の中なら安心と思っていたあなたは、要注意ですよ。
紫外線は365日、あなたのお肌を老化させるため、降り注いでいます。
年間を通しての、紫外線対策でお肌の老化を防止しましょう。